ニュース
» 2016年07月03日 11時08分 UPDATE

台風1号発生 今週後半に沖縄の南へ

1951年の統計開始以来、台風1号の発生としては2番目に遅い発生。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 3日午前9時、カロリン諸島付近で台風1号が発生しました。1951年の統計開始以来、台風1号の発生としては2番目に遅い発生です。

台風1号の今後の進路は?

 3日午前9時、カロリン諸島付近で台風1号が発生しました。

 台風1号の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の南側330キロ以内と北側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いています。台風はゆっくりした速さで、北西へ進んでいます。

 この先も北西へ進み、72時間後の6日9時にはフィリピンの東で、強い台風になる見込みです。

 7日9時には沖縄の南へ進むでしょう。今後の台風情報には十分ご注意下さい。

 1951年以降の統計開始以来、台風1号の発生としては過去2番目に遅い発生です。過去、最も発生が遅かったのは

1位 1998年7月9日15時
2位 2016年7月3日9時
3位 1973年7月2日3時
4位 1983年6月25日15時

 この台風1号の名前は、ミクロネシアが用意した「ニパルタック」で、有名な戦士の名前です。

※台風の名前は※

 台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)により、あらかじめ140個の名前が用意されており、発生順に付けられます。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう