ニュース
» 2016年07月03日 17時00分 UPDATE

「現在売られている4Kテレビでは、2018年からの4K・8K実用放送が見られない」と総務省 チューナー等が必要に

今後発売される外付けチューナー等の機器が別途必要になるとのこと。

[宮原れい,ねとらぼ]

 総務省は、2018年からBSと110度CS(衛星基幹放送)で始まる4K・8K実用放送について、現在市販されている4Kテレビ・4K対応テレビではそのまま見ることができないことを通知。現行の衛星放送とは異なった仕組みで放送されるため、今後発売される予定の「外付けチューナー」等の機器が別途必要だと説明しています。


4Kテレビ 2018年 4K放送 見られない 4K・8K実用放送に関しての情報を知らせるポスター

 4K・8K実用放送は、2016年8月からの4K試験放送を経て、2018年からBS(右旋、左旋)・110度CS(左旋)で家庭向けに放送を開始。そのため、アンテナも「右旋左旋対応」のものが必要になる場合があるとしています(124/128度CS放送、ケーブルテレビ、IPTVによる4K放送、インターネットによる4K配信サービスは現在販売されている4Kテレビで視聴可能)。

 その他、テレビ受信機についての詳しい内容についてはJEITA(電子情報技術産業協会)の公式サイトにて確認できます。


4Kテレビ 2018年 4K放送 見られない 現在の4Kテレビでは「124/128度CS放送」「ケーブルテレビ」「IPTVによる4K放送」「インターネットによる4K配信サービス」が視聴可能です

 また、地デジでの4K・8K放送については、「現在、地上デジタルによる4K・8K実用放送の具体的な計画はありません」とのことです。

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう