ニュース
» 2016年07月06日 07時30分 UPDATE

海外旅行中はスマホの扱いにご用心 auが破損・紛失・水没が起きやすい国をランク付け

特にイギリス・シンガポール・インドでは慎重に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 auが夏休みの人気海外旅行先における、スマートフォンに関するトラブルの発生しやすい国をまとめた「夏休みの世界スマホトラブル予報」を公開しました。破損・紛失・水没の3大トラブルが起きやすいシチュエーションや、気候やインフラといった情報をもとに、各国のトラブル発生指数を独自に算出。トラブルの種類ごとに50位までランク付けしていますが、はたして結果は?


公式発表 発表ページ。赤は破損、黄色は紛失、青は水没が起きやすい地域を示し、アイコンの大きさで度合いを表現

 紛失トラブルは交通機関での移動中で起きやすく、交通機関が充実した国が上位に集中しています。1位のイギリスはパブが充実しており、酔ってスマホを置き忘れないようにと注意喚起が。


紛失 2位は揺れやすい乗り物「トゥクトゥク(三輪タクシー)」に注意すべきタイ。3位にはウォッカで酔いやすいポーランドが続きます

 破損トラブルは人混みでの歩行中に起きやすいため、人口密度世界2位のシンガポールが1位に。夏の大セールによる混雑もあいまって、落下しやすい状況が多いと予測されています。道路の舗装が徹底されていて、落下時にスマホが破損しやすいこともあるようです。


破損 2位のスイスは自然が豊かで撮影機会が多く、移動しながらの撮影時に注意。3位は荒れた道の多いベトナム

 水没指数ランキング上位には雨季を迎える国が多く、水の使用量が世界トップクラスのインドが1位に。今年は雨量が多いと予想されています。またガンジス川や、手でカレーを食べる際のフィンガーボウルなど水に触れる機会も多く、スマホを濡らさないよう注意が必要です。


水没 2位はスコールの多いフィリピン。3位はきれいな海が魅力のハワイとなっています

 ランキングは8月31日まで公開。auでは国内でのトラブルを予報する「ニッポンのスマホトラブル予報」も、7月31日まで公開しています。


日本版 スマホの取り扱いに関する注意喚起を毎日更新


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう