ニュース
» 2016年07月07日 19時32分 UPDATE

東京ディズニーランドの「グランドサーキット・レースウェイ」がまもなくクローズへ 「美女と野獣エリア」「屋内シアター」開発に向け

2つの新規アトラクションは2020年春オープン予定です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 東京ディズニーランド公式サイトの休止施設情報にて、「グランドサーキット・レースウェイ」が2017年1月11日をもってクローズすることが発表されています。

 以前オリエンタルランドが発表した開発計画にて、大型アトラクションを有する新エリア導入のため、周辺の施設をクローズすることが述べられていました(関連記事)。



 開発エリアイメージ図によると、「グランドサーキット・レースウェイ」の場所にはディズニー映画「美女と野獣」の世界を体感できる新エリア「美女と野獣エリア(仮称)」と、屋内シアター「ライブエンターテイメントシアター(名称未定)」が作られるもようです。どちらも2020年春オープン予定ということで、クローズから3年と数カ月かけて建設されます。


グランドサーキット・レースウェイ クローズ 「グランドサーキット・レースウェイ」のマップ位置(公式サイト「グランドサーキット・レースウェイ」より)

グランドサーキット・レースウェイ クローズ 東京ディズニーランド開発エリアイメージ図

 発表ではそれ以外にも「スタージェット」や、一部の飲食施設、商品施設もクローズすることが明らかになっており、こちらも今後近いうちにクローズ日が発表されるものと思われます。


(宮原れい)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう