ニュース
» 2016年07月07日 20時33分 UPDATE

じぇじぇ! 引退した企画列車「しおさいのメモリーズ号」が復活 新型車両を使って「あまちゃん」を再現

三陸鉄道「私たちにはあまちゃんの続きをやる義務があるのでは!?」

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 3月をもって終了となった、2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」をテーマにした三陸鉄道のイベント列車「しおさいのメモリーズ号」(関連記事)。同鉄道は7月7日、引退したお座敷列車「さんりくしおかぜ」に代わって新たに「さんりくはまかぜ」を装飾し、「『しおさいのメモリーズ号』復活バージョン」を運転することを発表しました。

しおさいのメモリーズ号 じぇじぇじぇ! まさかの復活!!

 「しおさいのメモリーズ号」は、同作でアイドル「潮騒のメモリーズ」が「さんりくしおかぜ」でライブしたときの内装を、同車両で実際に再現するイベント列車。2015年4月から計5回実施され、いずれも「あまちゃん」ファンから人気を誇りましたが、3月31日に「さんりくはまかぜ」が引退するのを理由に終了しました。

しおさいのメモリーズ号しおさいのメモリーズ号 第1回開催時の様子

 しかし今度は、2014年に登場した新型のお座敷列車「さんりくはまかぜ」を使って“復活バージョン”を実施することに。同鉄道は「またみんなでワァーワァー言って盛り上がって、震災復興の続きをやりましょ! (中略)世界中の『あまちゃん』ファンの皆様待ってますよ! 私たちにはあまちゃんの続きをやる義務があるのでは!? ですよね」と紹介しています。

 運転日は8月6日。17時20分に集合し、久慈駅と田野畑駅を約2時間半かけて往復します。うに丼と「あまちゃん」イメージのスイーツが付いて、参加料金は4000円。募集人数は40人までで、申し込みは7月15日から31日まで久慈駅への電話(0194‐52‐0177)で受け付けます。

黒木貴啓


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう