ニュース
» 2016年07月10日 13時00分 UPDATE

直径1ミリ未満 顕微鏡サイズで「パックマン」再現 ノルウェー東南大の研究で

パックマンの正体は微生物だった!?

[アカネ,ねとらぼ]

 誰もが知る懐かしいゲーム「パックマン」を、直径わずか1ミリ未満というサイズで再現した「顕微鏡パックマンプロジェクト」の動画がYouTubeで公開されました。



 この「顕微鏡パックマン」を作ったのは、ノルウェー東南大学マイクロ・ナノシステム技術科のErik Andrew Johannessen教授。ミドリムシの「ユーグレナ」と「繊毛虫」をパックマンに、「ワムシ」をゴーストに見立て、マイクロサイズで再現した迷路の中にそれぞれ投入しました。微生物たちが迷路の中を激しく動きまわる様子はまさに「パックマン」そっくりとなっています。


顕微鏡パックマン

顕微鏡パックマン

 この研究は「壁などの障害物がある中で微生物はどう動くのか」の観察を目的にスタートしたもの。障害物があることで、より自然の環境に近いデータを集められるそうです。実にリアルなパックマン、興味深い研究結果となっていますね。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう