ニュース
» 2016年07月08日 19時18分 UPDATE

警告:レインコート必須! スマホ水濡れ注意!:“ディズニーの夏”は今年もびしょ濡れ! 最新技術満載のショーや街中アートを一足先に見てきた (1/2)

ディズニーの夏がスタート! アンジェラ・アキさんのミュージカルショーも始まりますよ!

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 2016年、「ディズニーの夏」が始まりました。既に蒸し暑い日が続いていますが、東京ディズニーリゾートではクールな夏祭りが開催されているだけでなく、話題の新ショーのスタートも。プレスプレビューの様子をリポートします。

今年も東京ディズニーリゾートにびしょ濡れの季節がやってきました

アンジェラ・アキさんがミュージカル作家として復活!

東京ディズニーシーの奥地、ちょうどインディ・ジョーンズのアトラクションの向かいにあるハンガーステージで新ショーがスタートしました

 最初のニュースは、東京ディズニーシーで2016年7月9日からスタートする屋内ミュージカルショー「アウト・オブ・シャドウランド」です。

 このショーはシンガーソングライターのアンジェラ・アキさんが2014年夏の活動休止後、初めて本格的なミュージカル音楽作家としての活動をスタートするきっかけになりました。内気でおとなしい少女が、自分の中にある勇気と想像力で不安と恐れを乗り越えるという、東京ディズニーシーオリジナルのミュージカルショーです(関連記事)。

 同じシアターで行われていた「ミスティックリズム」(2015年4月5日終了)同様、ミッキーやミニーなどのディズニーの仲間たちは一切登場しません。内容は本格的なミュージカル作品の雰囲気と、プロジェクションマッピングをはじめとする最新の演出技術が相まって、とてもファンタジックでミステリアスなものに仕上がっていました。主人公メイの心情を歌う「MOSHIKASHITE/もしかして」をはじめとする、アンジェラ・アキさんとディズニーが作った音楽も雰囲気がぴったり。東京ディズニーシーにおいては数少なくなってしまった「ディズニーキャラクターに頼らないエンターテイメント」が新たにスタートしたことは大変うれしいです。

主人公は内気な少女、メイ。トレッキングツアーでも冒険に尻込みしてしまいます
ふとしたきっかけでメイは「シャドウランド」と呼ばれる世界へ。メイがもつ「ふしぎな力」でこの世界を変えられるのでしょうか

 このショーは初回を除き抽選制です。入園したら1人につき1回だけ抽選が行え、当選したら指定席で見ることができます。抽選はスマートフォンアプリで可能です。東京ディズニーシーに来たらぜひチェックを!

ディズニーの夏といえば「びしょ濡れ!」

 そしてディズニーの夏といえば、水を使ったエネルギッシュな特別ショーでしょう。東京ディズニーシーではフルーツいっぱいでトロピカルなラテンのフェスティバル「ミニーのトロピカルスプラッシュ」が、東京ディズニーランドでは日本ならではの夏祭りをイメージし、4つのグループがそれぞれのテーマで熱い演舞を見せる「彩涼華舞」(さいりょうかぶ)が開催されています。ここ数年の「ディズニー夏祭り」をずっと見ていた方ならば、今回の熱い展開は見逃せません。

東京ディズニーランドでは「彩涼華舞」を開催。シンデレラ城前がずぶ濡れになります!
「華(はな)」のミニーマウスとデイジーダック
こちらは「雄舞(ゆうぶ)」のミッキーマウス、ドナルドダック、プルート
グーフィーとマックスの親子は「涼(りょう)」グループ
こちらは東京ディズニーシーのショー「ミニーのトロピカルスプラッシュ」。今年は前説(?)でホセ・キャリオカとパンチートが新たに登場。映画「三人の騎士」でドナルドと競演しました
もちろん主役は、カーニバルクイーンのミニーマウス、デイジーダック、そしてクラリスです
チップとデールもせっせと水まき
ドナルドと一緒に「バナナダンス」!

 東京ディズニーシーではパークエントランスすぐのハーバー全域が、そして東京ディズニーランドではパレードルートのシンデレラ城前が「ずぶ濡れ」になるほどの水がかかります。ちょっとくらい濡れるかな? ではなく、「スマートフォンが故障してもおかしくない」レベルで水がかかります。そのため、夏の東京ディズニーリゾートに行く方は「防水装備」を忘れずに! カバンの中までびしょ濡れになりますよ!

ショーだけでなく、東京ディズニーシーのお店はこんなにトロピカルな様子になっています。いろいろなフルーツが隠れてますよ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.