ニュース
» 2016年07月09日 12時00分 UPDATE

へびというより火の中から現れたゴジラ 一斉に燃やした約5000個のへび花火のスケールがデカい

火力がおかしい。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 火をつけると、燃えカスがにょきにょき伸びるへび花火。1つだけなら細長いへびのような形になりますが、5200個ものへび花火を大量にまとめて点火した場合はどうなるのでしょうか。

 YouTubeに公開された動画は、木箱にへび花火を敷き詰めていくシーンからスタート。パッケージを開き、ひとつずつ隙間ができないように並べていきます。早回しになっていますが、実際には7時間かかっているそう。すさまじい根気です。

 すべて敷き詰めたらあとは点火するだけ。バーナーで火をつけると、へび花火は豪快に燃え上がります。たき火のようにも見えますが、火柱の中には徐々に大きくなっていく真っ黒でごん太な燃えカスが。逃げ場を失った燃えカスは合わさり上へと押し上げられていきます。その姿は炎の中から現れたシン・ゴジラのよう(背びれとシッポに見えるのがそれっぽい)。これだけサイズがあると、「ゴジラ花火」「超高層ビル花火」のような名称のほうが似合いそう。


画像画像 7時間かけて、ひとつひとつ敷き詰めていきます


画像 いざ着火。燃えすぎ


画像 ゴ、ゴジラを召還……?


画像 立った! へび花火が立った!

 その後、大きくなりすぎた燃えカスはバランスを崩して倒壊。それでも火は衰えず、さらに燃え残っていたへび花火がにょきにょきと伸びはじめます。いつになったら火が消えるんだろう、これ。


画像 へび花火、倒壊


画像 それでも、伸びる

マッハ・キショ松

関連キーワード

花火 | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう