ニュース
» 2016年07月09日 15時00分 UPDATE

心温まる少女漫画「きょうのキラ君」実写映画化へ 主演の中川大志「キュンキュンポイント満載です!」

キュン泣きラブストーリー!

[あいひょん,ねとらぼ]

 7月9日、「近キョリ恋愛」のみきもと凜による少女漫画「きょうのキラ君」が実写映画化されることが発表されました。劇場公開は2017年2月25日を予定しており、主人公“キラ君”こと吉良ゆいじ役は中川大志さん、ヒロイン“ニノ”こと岡村ニノン役は飯豊まりえさんが演じます。

「きょうのキラ君」 原作は中高生を中心に絶大な支持を獲得している純愛ストーリー

 物語は、他人と関わることが苦手なニノが、誰もが憧れるキラ君にほれてしまうところから始まります。しかしキラ君は誰にも言えない秘密を持っていて……?

中川大志さん 中川大志さん(画像は所属事務所公式サイトより)

 キラ君役の中川さんは、女性ファッション誌「ViVi」の「“次必ず好きになる男”ランキング」で1位を獲得。TBS系ドラマ「重版出来!」では新人漫画家役を、NHK大河ドラマ「真田丸」では豊臣秀頼役を演じ、9月10日公開予定の映画「四月は君の嘘」にも出演。「きょうのキラ君」が初の映画主演作となります。

 同作について中川さんは、「この映画は、キラキラしたシーンが盛り沢山で、キュンキュンポイント満載です! 見終わった後に、自分の大切な人に会いたくなる、そんな作品になればいいなと思います」とコメントしています。

飯豊まりえさん 飯豊まりえさん(画像は所属事務所公式サイトより)

 ニノ役の飯豊さんは「MARS(マース)〜ただ、君を愛してる〜」でヒロイン役を演じ、7月スタートのフジテレビ系ドラマ「好きな人がいること」にも出演。「きょうのキラ君」については「ニノンちゃんは、繊細で純粋で何に対してもど直球な性格なので、みんなに愛されるような女の子になれるようにイメージしながら、“笑顔”を大切に演じました」とのこと。ちなみに「MARS」での飯豊さんの役名は、“キラ”でした。

関連キーワード

映画 | 実写 | 漫画 | 少女漫画


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう