ニュース
» 2016年07月10日 15時14分 UPDATE

今週の天気 西日本中心に大雨のおそれ

今週は低気圧が日本海に進む見込み。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 今週は低気圧が日本海に進む見込みです。本州の南海上には梅雨前線が停滞し、九州から近畿を中心に局地的に大雨のおそれがあります。今後も雨の降り方に注意が必要です。

13日(水)に低気圧が日本海へ 西日本中心に局地的な大雨のおそれ

 13日(水)に低気圧が日本海に進んでくる見込みです。低気圧に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線も本州の南海上に停滞します。九州から近畿の西日本を中心に、13日(水)にかけて、局地的な大雨のおそれがあります。今後も雨の降り方にご注意ください。

 九州では、10日(日)13時現在、72時間の降水量が500ミリを超えている所もあります。大雨の降った地域では、地盤の緩んでいる所がありますので、土砂災害、川の増水、低い土地の浸水に警戒してください。

梅雨明けはまだ先か

 今週は先週に比べて太平洋高気圧が後退します。本州の南海上に梅雨前線が停滞しやすくなるため、九州から東北にかけて、曇りや雨の日が多くなるでしょう。九州南部の梅雨明けの平年は7月14日ですが、今週はまだ太平洋高気圧の張り出しが弱く、九州の梅雨明けはまだ先となりそうです。

今週の暑さはどうなる?

 先週は太平洋高気圧の張り出しが強く、7日(木)は関東や東海では広く今年一番の暑さになりました。山梨県勝沼で38.8度と今年1位の猛烈な暑さに。

 今週の暑さはどうなるのか? 予想をみてみますと、今週は太平洋高気圧の勢力は後退し、九州から東北にかけて、曇りや雨の日が多くなるため、先週のように猛烈に暑くなることはなさそうです。

 日中の最高気温は、東京では30度前後、大阪や福岡は32度前後の日が多くなるでしょう。猛烈に暑くなることはないものの、湿気は多いため、蒸し暑さは続きそうです。体調の管理はもちろん、食品の管理にご注意ください。

沖縄は最高気温は33度前後。

 真夏の暑さが続くでしょう。夜間もあまり気温は下がらないため、適度に冷房や扇風機を使うなどして、熱中症にならないようご注意ください。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう