ニュース
» 2016年07月11日 08時00分 UPDATE

表現力を高めてきやがった……! FDD64台、HDD8台、スキャナ2台の複数機器でスター・ウォーズを演奏

ハードディスクドライブはそう使うのか……!

[宮原れい,ねとらぼ]

 フロッピーディスクドライブ(FDD)2台を使って音楽を演奏する動画を投稿したポーランドのPaweł Zadrożniakさん(関連記事)が、再び演奏動画をYouTubeにアップしています。曲は同じくスター・ウォーズからで、今回はFDD64台、ハードディスクドライブ(HDD)8台、スキャナ2台を使って演奏しています。って、増えすぎだろ……!



フロッピー FDD 演奏 スター・ウォーズ 並べられた機材の多さからして違います

 「スター・ウォーズのテーマ」と「ダース・ベイダーのテーマ(帝国のマーチ)」をメドレー形式に続けて演奏する様子が映されていますが、それぞれの動きと音が混ざり合ってすごいことになっています。特にいくつかのHDDは、読み取りを行うヘッド部分が中心の軸部分に当たってパーカッションのように細かくリズムを刻んでいて、演奏に新しいノリを加えていました。そういう使い方もあるのか。


フロッピー FDD 演奏 スター・ウォーズ フロッピーディスクドライブ64台

フロッピー FDD 演奏 スター・ウォーズ スキャナ2台

フロッピー FDD 演奏 スター・ウォーズ ハードディスクドライブ8台

 メロディ音の仕組みとしては、それぞれのモーターの稼働速度を変えることでピッチなどを調節し演奏。曲中での音量の変化は同時に動作するドライブの数で変わっているとのことです。これら演奏の詳しい仕組みやソフトについては制作者のブログで述べられています。



(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう