ニュース
» 2016年07月11日 12時52分 UPDATE

「ファミマガ」の“ウル技”動画がファミ熱!!プロジェクトで復活! 故・富山敬さんの貴重なナレーションも

裏技データベース「大技林」のファミコン編も1252本分掲載。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ファミコンブームの「熱」を伝える「ファミ熱!!プロジェクト」(関連記事)。プロジェクト第3弾として、日本初のファミコン専門誌「ファミリーコンピュータMagazine」(徳間書店、通称「ファミマガ」)の「ウル技(テク)」コンテンツが公式サイトで公開されました。


公式 裏技を動画で見られる「超ウルトラ技」と、データベース「ウル技大技林」を公開

 「ウル技」とは、同誌に掲載されていた、いわゆる「裏技」のこと。公式サイトの「超ウルトラ技」では、VHSソフト付きのビデオマガジン「ファミマガVideo」に収録されていた動画を公開。タイトーの「究極!ハリキリスタジアム」にまつわる3つのウル技を、故・富山敬さんのナレーションで紹介しています。いろんな意味で貴重すぎる……。


乱闘 一定の条件下でデッドボールになると、打者が怒って乱闘になり、殴られた投手は強制で交代。今見るとすげえ設定だ……

解説 解説も実況もどこかで見たような顔。自由すぎる時代

 同誌に掲載されたウル技のデータベース「ウル技大技林」も収録。1252本分のファミコンソフトに関するデータを、ウル技付きで掲載しています。レトロゲームの配信版をプレイするときに役立ちそうですね。


データベース 昔のゲームは今で言うチートのような裏技も多く、いきなり使うと楽しみが損なわれる恐れもあるので注意


(沓澤真二)


関連キーワード

ファミコン | データベース | 裏技


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう