ニュース
» 2016年07月12日 08時00分 UPDATE

オルゴールにしてはでかすぎ ギター・ドラム・キーボードを一斉に奏でる手回し式の自動演奏装置

スケスケなのでどう動いているのか分かります。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 国際文化交流機関「ゲーテ・インスティトゥート」のポーランド拠点に、小屋ほどの大きさはある巨大な演奏マシーンが展示されました。「Music Construction Machine(音楽構築機)」と名付けられたこの機械、通りすがる人の目を釘付けにしています。そりゃあでかいもんなあ……。


サイズ感 プレハブ小屋のようなサイズ感

 見た目は大きなオルゴールのようで、ハンドルを回すと動き出します。複雑に組み合わされた歯車やワイヤーが連動しており、ギターやドラム、キーボードを演奏。機械はガラス張りになっており、中の仕掛けがよく見えるようになっています。


ハンドル ハンドルもでっかい!

スティック 歯車と連動したスティックがドラムを叩く

ギター ギター部にはコードを押さえる機構が

キーボード ベルトのようなものが左右に動き、鍵盤を押さえる

 内部には色とりどりの照明も。夜になるとライトアップされ、きらびやかな姿を見せてくれます。


照明ライトアップ 夜はおしゃれに(画像は作者のGoogleフォトより)

 製作したのは「役に立たないもの発明家」を自称するNiklas Royさん。ほかにも巨大なピンボールマシーンリモコンで走るビールケースなど、多数の珍奇な発明を生み出しています。


(沓澤真二)


関連キーワード

ギター | 音楽


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう