ニュース
» 2016年07月12日 12時00分 UPDATE

映画「ひるね姫」は2017年3月公開 主人公・森川ココネの寝顔がかわいいポスタービジュアルも解禁に

岡山弁なのもたまらない。

[藍乃ゆめ,ねとらぼ]

 「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズや「東のエデン」「精霊の守り人」などの作品で知られるアニメーション監督・神山健治さんの新作映画「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」の公開が2017年3月に決定し、劇場用ティーザーポスタービジュアルが解禁されました。

「ひるね姫」ティーザーポスタービジュアル ロボットのデザイン原案は「ベイマックス」のコヤマシゲトさん

 同作は、東京オリンピックを数日後に控えた2020年の岡山県倉敷市児島を舞台に、瀬戸大橋のふもとの町で暮らす父と娘の夢と現実の物語。主人公の森川ココネ役には、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主役を務める女優の高畑充希さんがキャスティングされています。

 解禁されたポスターでは、ロボットに変形するサイドカー「ハーツ」の腕の中で、犬のぬいぐるみを抱きながら眠るココネが描かれており、その傍にはココネのものと思われる「なんでこんなに1日中、眠てえんじゃろ?」という岡山弁のせりふも。高畑さんは、今年だけで3つも方言を話す役を演じているそうで、「方言は難しいですね。岡山の方が聞いても違和感がない音を目指したいです」と語っています。

「ひるね姫」予告映像 これは……夢の世界?

 また、制作を手掛けるシグナル・エムディのLINE公式アカウントを開設し、制作日誌やプレミアムコンテンツを配信していくとのことです。


(C)2017 ひるね姫制作委員会

藍乃ゆめ


関連キーワード

ポスター | 方言 | 映画 | ロボット | アニメ | 神山健治


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう