ニュース
» 2016年07月12日 21時00分 UPDATE

「Fallout」の住民かな? 海外YouTuberがプロジェクターをベースにハンドメイドしたレーザーガンの威力がヤバイ

スクラップとプロジェクターで作ったレーザーガンがかっこよすぎる。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 家庭から職場、学校まで、さまざまな場所で利用されている「プロジェクター(DLP)」をベースに、世紀末感の漂う魔改造レーザーガンを作り上げ、試し撃ちの様子を撮影したビデオがYouTubeで公開されています。

レーザー ひゃっはー! 汚物はレーザーで焼却だー!
レーザー レンズで収束させると攻撃力倍増
レーザー オン・オフのスイッチがドライバーというのもカッコいい

 作り上げたのは海外YouTuber・styropyroさん。まるで人気ゲーム「Fallout 4」などに登場したレーザーマスケット(レーザーガン)のように世紀末感のあるルックスがステキ。ぶっといレーザーを発射しながらなぎ払うように振り回すのも楽しそうです。

 「LASER BAZOOKA」から発射されるレーザーの出力は200Wもあるそうで、ボディはスクラップを再利用して作成。複数のリチウムポリマー電池を使って動作させているそうでそう。

 先端部の大きなレンズで光を収束させることで攻撃力が倍増。映像では木材や風船などをターゲットに試し撃ちが披露されています。

レーザー 友情出演:蛾くん、かわいい

haruYasy.

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう