ニュース
» 2016年07月13日 17時00分 UPDATE

Googleストリートビューのないフェロー諸島、“羊”載カメラで「シープビュー」撮影

背中に360度カメラを載せてお散歩。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 北大西洋に浮かび、美しい自然で知られるフェロー諸島。羊を使って、Googleストリートビューのようなパノラマ写真を撮影するプロジェクト「Sheep View 360」が行われています

 フェロー諸島はノルウェーとアイスランドのあいだに位置し、2007年にナショナルジオグラフィックトラベラー誌が「世界で最も憧れの島」に選定した地域。豊かな自然を残し、絶景が楽しめると世界的に有名なのですが、Googleストリートビューには掲載されていません。Web上で見られると、便利なのですが……。

 そこでスタートしたのが「Sheep View 360」。羊の背中にソーラーパネルで給電する360度カメラを載せて撮影し、Googleストリートビュー上に投稿するもの。同諸島は歴史的に羊との関わりが深く、現在でも総人口を上回る7万頭以上が生息しているそう。


画像 羊の背中に360度カメラを載せて景色を撮影


画像 時々、立ち止まって頭を下げます。草を食べているのでしょうか


画像 いい景色

 とはいえ、このやり方で美しい景色すべてを撮影することは難しいらしく、プロジェクトの動向を掲載するブログでは「Googleに撮影してもらうために、あなたの助けが必要です」と協力を呼びかけています。ストリートビューカーならぬストリートビュー"メー"もかわいらしいのですが、羊頼みのため限界があるもよう。


画像 「お願い:Googleストリートビューが欲しい!」

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう