ニュース
» 2016年07月14日 07時30分 UPDATE

哲学者? ラスボス? 飼育員75%が知らなかった生物「デスモスチルス」の企画展、海遊館で開催

海遊館おなじみ、斬新な中吊り広告も登場。

[k村,ねとらぼ]

 7月15日から2017年春(終了日未定)まで大阪府大阪市の水族館・海遊館にて、古代生物に迫る企画展「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」が開催されます。

 メインはタイトルにもある謎の生物「デスモスチルス」。開催にあたって「デスモスチルスを知っていますか」というアンケートを関西の大学生300人に実施したところ、84%が「知らない」と答えたんだとか。海洋動物のプロである海遊館飼育員にも同様に聞いたところ、なんと75%が「知らない」と答えたそうです。


ALT 関西の国立大学に通う現役大学生の84%が知らないと答えました

ALT プロにもあまり知られていない謎の海洋生物

 デスモスチルスとは、紀元前3000万年前〜1000万年前に生息していたとされる海洋生物。カバに似た体を持ち、海苔巻きを並べたような不思議な形状の奥歯を持っていたと言われていますが、100年以上も研究されているのにも関わらず、正確な姿や、何を食べどこに住み、どのように泳ぎ歩いていたのかまだまだ謎に包まれています。全身骨格の化石は日本でしか見つかっておらず、海外の研究者も欲しがるほど珍しいんだそうです。

 企画展では化石展示やショートムービーを通してデスモスチルスの謎に迫ります。同時にイルカやアシカの祖先や、ペンギンに似た絶滅生物「ペンギンモドキ」の謎も紹介。生きた化石であるシーラカンスの実物標本なども展示し、古代生物たちの様々な謎を追求します。

 ちなみに海遊館はここ2年ほど夏の企画展のたび、電車内に斬新な中吊り広告を掲出してネットで話題を作っています(関連記事)。今回は「デスモスチルスって何なんだ」の文字とともに、デスモスチルスという名前から想像してしまうものを掲示。ゲームのラスボス、古代ギリシャの哲学者、激辛スパイス……などなど。確かにどれもデスモスチルス感ある……!


ALT ファミコン感

ALT アリストテレスの従弟とか

ALT 死ぬほど辛い唐辛子っぽいね

ALT あったとしたらデスメタル系

ALT パンデミック起こしそう

〇開催概要

名称:企画展「デスモスチルスのいた地球 〜謎だらけの古代生物たち〜」

会場:海遊館 大阪府大阪市港区海岸通1-1-10

開催期間:2016年 7 月 15 日〜2017年春まで開催予定(終了日未定)

開催時間:(7/15)10時〜20時  (7/16〜8/31)9時30分〜20時  

※ 8/11〜8/15 のみ 8時30分〜20時30分

入場料:大人(高校生・16歳以上)2300円 子供(小・中学生)1200円 幼児(4歳以上)600円 シニア(60歳以上)2000円

問い合わせ先:海遊館インフォメーション 06-6576-5501


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう