ニュース
» 2016年07月14日 07時00分 UPDATE

受付嬢からヒューマノイドまで! アニメ・映画の未来を体感できる「暮らしとロボット展」が新宿高島屋で開催

将棋代指しロボット「新電王手さん」やコミュニケーションロボット「テレノイド」が登場します。

[宮原れい,ねとらぼ]

 新宿高島屋にて、アニメや映画で多く描かれた“ロボットと共生する未来”が体感できるイベント「暮らしとロボット展」が開催されます。期間は8月3日〜8月14日の間で、新宿高島屋11階の特設会場で行われます。

 イベントでは、高島屋のインフォメーション係の制服を着た女性型ヒューマノイド「アクトロイド」が受付嬢として登場。実際の係のお辞儀の角度や動きを忠実に再現しているとのことです。会場の入り口からなかなかの未来感……!


暮らしとロボット展 新宿�島屋 女性型アンドロイドが受付嬢を担当

 会場内では、さまざまなロボットを実物によって紹介。将棋電王戦でプロ棋士と数々の名勝負を繰り広げた将棋代指しロボット「新電王手さん」が行う棋譜並べの場面を見学したり、コミュニケーションロボットの「テレノイド」を実際に操作したりと体験もできるようになっています。

 その他、NTT研究所のAI技術corevoを使ったロボット同士による「ロボット大喜利」も見られるとのこと……なにそれ面白そう。


暮らしとロボット展 新宿�島屋暮らしとロボット展 新宿�島屋 将棋代指しロボット「新電王手さん」(左)と、コミュニケーションロボット「テレノイド」(右)

暮らしとロボット展 新宿�島屋 AIによる大喜利は一体どうなるのか……

 完全なロボット以外でも、マント部分が透けて見える「光学迷彩マント」の解説や、プログラミングで動くロボットをファッションとして着る「メカフ」なども紹介。肩からロボットが生えているように見える「メカフ」は試着しての撮影も可能です(8月3日のみ本物で、以降は模型)。また、小説を書く人工知能「作家ですのよ」が書いた作品も展示されるとのことです。


暮らしとロボット展 新宿�島屋 “機能のないファッション”で、2本のアームが特徴的です

 入場料は一般が500円、大学・高校生が300円、中学生以下は無料となります(すべて税込)。体験無料の屋外会場もあり、ここでは8月3日、4日、5日、6日限定で、搭乗型の大型ロボット「イケドム」が登場。先着順ですが実際に乗ることができるとのことです(未就学児は保護者同乗)。


暮らしとロボット展 新宿�島屋 男子憧れのロボット……!

 見学や体験だけでなく、紹介したロボットの販売も実施。クラウド型おはなしロボットの「オハナス」価格2万1384 円(税込)や、クマのぬいぐるみ型で通信機能を搭載した「コミュニケーションパートナー ここくま」価格3万7584円(税込)など、約30種類が商品として販売されます。体験会を行う「テレノイド」も1体限定でテレノイド計画のホームページにて販売され、価格は本展限定価格の108万円(税込) 。こちらは、一般向けへの販売は今回が初めてということです。

 イベントの詳細は7月19日17時半より、新宿高島屋の公式サイトにて公開される予定です。



(宮原れい)


関連キーワード

ロボット | イベント


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう