ニュース
» 2016年07月14日 13時46分 UPDATE

ワーナー・ブラザースがステマ? ゲーム「シャドウ・オブ・モルドール」実況動画に米政府機関が指摘

制作された動画は数百万回再生されています。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ワーナー・ブラザースが行ったゲーム「シャドウ・オブ・モルドール(原題:Middle Earth: Shadow of Mordor)」の実況動画によるプロモーションについて、米国の連邦取引委員会(FTC)が宣伝であることが分かりにくく、情報開示の方法が不適切だったと指摘しています

 同社に対して、プロモーションの一環として消費者に誤解を与えるゲーム実況動画を広めないよう指示が出されています。


画像 宣伝であることが分かりにくく不適切だと連邦取引委員会が指摘

 「シャドウ・オブ・モルドール」は、ワーナー・ブラザースから2014年に発売されたファンタジーRPG。連邦取引委員会の発表によれば、同社は、複数のインフルエンサー(影響力の強い人物)に無料の先行リリース版を渡し、数百〜数万ドルの報酬を支払い、肯定的な内容でゲームのプロモーションを行うよう指示。YouTubeへのゲーム実況動画の投稿、SNSでの告知をさせたとのこと。

 また、同社がスポンサーであることを、動画の下に表示されるディスクリプションボックスに明示させていました。しかし、「もっと見る」ボタンを押さなければ見えない位置に書かれていたため、連邦取引委員会は視聴者が見るとはあまり思えず、誤解を招くおそれがあると指摘。はっきりと目立つように表現するよう求めました。

 プロモーションのために制作されたゲーム実況動画の再生回数は数百万回に上り、人気YouTuber・PewDiePie氏のものだけでも370万回以上再生されています。


画像 プロモーション目的で制作されたと思われるPewDiePie氏の動画


画像 「もっと見る」ボタンを押さないと「sponsored by Warner Brother」という表現が出てきません

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう