ニュース
» 2016年07月14日 19時53分 UPDATE

「戦国無双」が「真田丸」とコラボ! 真田昌幸・幸村親子の戦いを大坂の陣まで描き切る

ドラマに提供されたものと同じ3Dマップを使用。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 コーエーテクモゲームスの「戦国無双」シリーズと、大河ドラマ「真田丸」のコラボレーションが決定。アクションゲーム「戦国無双 〜真田丸〜」として発表されました。物語の状況説明には、同社がドラマに提供したものと同じ「フル3D全国一枚マップ」が用いられています。


公式 公式サイト

3Dマップ カメラを自由に動かし、戦場の様子をさまざまな角度から見られる

 物語は真田幸村の父、昌幸の初陣に始まり、幸村が大坂の陣で壮絶な最期を遂げるまでの48年間が描かれています。物語の進行に伴い、人物の容姿も変化。現在は幸村の少年期と壮年期、昌幸の青年期の姿が公開されています。晩年の昌幸の登場も期待されるところ。


少年幸村 少年期の幸村。声は斉藤佑圭

壮年幸村 壮年期の幸村。声は過去作と同じく草尾毅

青年昌幸 今回初めて操作キャラクターとなった真田昌幸(声:三宅健太)。「青年期」と添えられていると、成長後の姿も期待してしまう

 ゲームは城下町を起点に展開。ここから近隣の探索や合戦に出発し、帰還したらまた次の行動へ……という構成になっています。城下町では、武将との交流やキャラクターの鍛錬、キーアイテム「真田の六文銭」の調達など、戦いを有利に進められる行動もとれます。


城下町 釣りや栽培といった日常的な要素も

 合戦は前哨戦や支城戦など、複数の戦場で構成され、スケールの大きい長期合戦を表現。昼夜の時間経過も取り入れられており、時候に合わせた戦術を楽しめそう。また、集めた「真田の六文銭」を使って「次の一手」を発動し、戦況を有利に導ける新システムも用意されています。


長期合戦 前哨戦から最終決戦への流れを通して、大規模な合戦を体験

 プラットフォームはプレイステーション 3/4とPlayStation Vita。2016年内の発売が予定されています。

(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう