ニュース
» 2016年07月14日 21時00分 UPDATE

ショッピングセンターの警備ロボットが子どもにけが負わせる 開発元の米国企業が謝罪

「ロボットがアシモフの三原則を破ったかもしれない」と伝える記事も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 警備ロボット「Knightscope K5」が、ショッピングセンターで子どもとぶつかってけがを負わせる事故が発生。開発元の米Knightscopeが謝罪を発表しました。


画像 右のロボットが「Knightscope K5」。Knightscope社の公式サイトより

 事故が起こったのは、7月7日14時半頃(太平洋夏時間)。保護者はメディアに対し、ロボットとぶつかって子どもが転んだが、ロボットは止まらず動き続けた」と話しています。Knightscopeは、子どもがロボットに向かって走ってきたため、ロボットは方向転換してよけようとしたがぶつかったと説明。ロボットは停止し、子どもは転倒。保護者が子どもを助け、道が空いたため、ロボットはパトロールを再開したとしています。子どもは足に擦り傷、打撲を負いました。

 Knightscopeによると、「Knightscope K5」はこれまでに時速1マイル(1.6キロメートル)で、2万5000マイル、3万5000時間以上の運転経験があり、事故の報告はなかったとのこと。約30個のセンサーを搭載し、1インチ〜300フィートまでの周囲環境を感知することができます。同社は被害にあった家族に謝罪するとともに、ロボットの改良のために話を聞かせてもらうつもりだとしています。

 今回の事故を伝える一部の記事には、「ロボットは人間を傷つけてはならない」とするSF作家アイザック・アシモフが提唱したロボット三原則に言及して「ロボットがアシモフの三原則を破ったかもしれない」といったタイトルも見られます。


画像 これだけの実績があっても、事故は起きるんですね

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう