ニュース
» 2016年07月15日 09時00分 UPDATE

阪大が犬型ロボット「PneuHound」を開発 チョコマカ走る様子がはしゃぐ子犬みたい

本物の犬とのツーショット写真も。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 大阪大学の細田研究室が、犬型ロボット「PneuHound」を開発しました。軽快に走る様子を、YouTubeで公開しています。



 胴体に空気圧で動く人工筋肉を採用。最高時速9.5キロで走り、その素早い動きは、本当に主人を迎えて喜ぶ子犬のようにも見えてきます。


犬ロボット 空気圧による人工筋肉を搭載

走り 素早くシャカシャカと走ります

蛇行 まだまっすぐ走るのは苦手のようですが、そのせいではしゃいでいるような雰囲気に

試験 ベルトコンベアー上での走行試験

 開発チームを率いる細田耕教授(@KohHosoda)はTwitterで動画を紹介し、他のロボット研究者と直進性について議論を交わしています。また、「座敷犬そっくり」というリプライが寄せられると、本物の犬とPneuHoundのツーショット写真を公開。なんだかどっちもかわいい!





(沓澤真二)


関連キーワード

| ロボット開発 | 大阪大学 | ロボット | 動画 | YouTube


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう