ニュース
» 2016年07月16日 12時00分 UPDATE

憂鬱が快感にかわる瞬間が訪れる? 夏フェスにふさわしくない闇を抱えたアーティストのみが登場する「鬱フェス」が今年も開催される

夏フェスがあれば、鬱フェスもある。

[伊佐治龍/LOCOMO&COMO,ねとらぼ]

 夏フェスに呼ばれない、または呼ばれてもアウェイなグループと、そんな場所が似合わないインドアなリスナーを集めて開催される「鬱フェス」。軽快な電子音に、「死」「病」などネガティブな歌詞をのせた「トラウマテクノポップ」を自称するアーバンギャルドを主催として、2014年から3年連続で開催が決定した。開催日は9月18日。

 登場アーティストは、アーバンギャルドをはじめ、ムーンライダーズ、大槻ケンヂ(筋肉少女帯/特撮)、PANTA、真空ホロウ ACOUSTIC BAND、オーケンギャルド(大槻ケンヂ+アーバンギャルド)などそうそうたる顔ぶれ。レジェンドから勢いのある新人、またこの日だけのコラボまで大いに楽しめるラインアップだ。

 “もはや憂鬱は現代人の嗜(たしな)み”と松永天馬(アーバンギャルドのリーダー)の言葉を体現するかのような、負の極点まで達した憂鬱を快楽へと変貌させてくれる音楽の祭典となっている。


画像


画像

  • 開催日:2016年9月18日
  • 場所:TUTAYA O-EAST
  • 開場:13時30分 開始:14時

(伊佐治龍/LOCOMO&COMO)


関連キーワード

夏フェス | アーティスト | 音楽


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう