ニュース
» 2016年07月19日 12時53分 UPDATE

ジョルダンと富士通がAI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始 遅延の拡大・収束の予測も

対象路線は関東地区の138路線。

[ねとらぼ]

 ジョルダンは提供している乗換案内サービスに関して富士通と協力し、AI技術を活用した列車遅延予測の実証実験を開始したと発表しました。実証期間は9月末を予定しており、対象路線は関東地区の138路線となっています。



 この実証実験は、富士通のクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL(フジツウ インテリジェント ソサエティ ソリューション スペーシオウル)」から提供される走行車両や人・施設の情報を使用。同サービスには人工知能技術を適用したエンジンが用いられており、鉄道運行に関する乗換案内サービス利用者の投稿情報や鉄道運行情報を学習することで、より高い精度の遅延情報予測を可能に。これによって従来よりタイムリーに正確な遅延予測時間を知ることができるようになり、遅延の拡大や収束の予測も可能になるそうです。



 ジョルダンおよび富士通は、この実証実験によってAIによる遅延予測の有効性の検証や、予測精度の向上を図っていくとしています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう