ニュース
» 2016年07月20日 12時45分 UPDATE

JAFが高温になった車内温度を早く下げる方法を検証 「窓を開けて走ってからエアコンをつける」がベスト

やっぱりエアコン最強?

[ねとらぼ]

 JAFは、長時間太陽にさらされて高温になった車内温度を早く下げる方法を検証。その結果をWeb上に公開しています

 同じ車を5台用意し、車内温度が55℃になったタイミングでそれぞれ違う方法で温度低下に挑戦し、検証したもの。温度を下げる方法は「ドアを5回開閉し熱気を逃がす」「冷却スプレーをシートに10秒吹きかける」「エアコンで外気導入」「エアコンで内気循環」「窓をあけて走行してからエアコンをつける」の5通りです。


車内の温度をさげるには? こちらの5通り

 検証の結果、「窓を開けて走行してからエアコンをつける」方法が最も早く車内温度を下げることができました。やはりエアコンが最強か……と考えてしまいますが、公開されているグラフを確認すると、窓を閉めてエアコンつけるよりもドアを5回開閉し熱気を逃がす方が温度の下がるスピードは早くなっており、“車内を冷やすこと”よりも“車内の熱気を逃がすこと”の方が効果的なケースもあるようです。


車内の温度をさげるには? 「ドア開閉」が意外な健闘

 なお、車内温度が下がっていても、チャイルドシートの表面やベルトの金具などによってやけどを負う事例もあるとのことなのでご注意を!


車内の温度をさげるには?

関連キーワード

エアコン | 冷却


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう