ニュース
» 2016年07月21日 09時30分 UPDATE

自動運転を活用した「ロボネコヤマト」プロジェクト始動 DeNAとヤマト運輸が次世代物流サービスの開発

2017年3月から実用実験を開始。

[ねとらぼ]

 ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、次世代物流サービスの開発を目指した「ロボネコヤマト」プロジェクトを始動すると発表した。2017年3月から1年間をめどに、自動運転を活用した次世代物流サービスの開発を目指し、実用実験を実施する。

ロボネコヤマト

 DeNAはネットサービスで培ったノウハウと自動運転技術とを連携させ、新たな道路交通サービスの開発や私有地向けの移動サービスの提供を模索しており、ユーザーの利便性の拡大を目指すヤマト運輸とで、「オンデマンド配送サービス」と「買物代行サービス」の2種類のサービスの実用実験を開始する。

 「オンデマンド配送サービス」はユーザーが望む場所で荷物を受け取ることができる配送サービス。「買物代行サービス」は地域の複数商店の商品をネット上で購入し、「オンデマンド配送サービス」にて一括で運んでもらうことができるというもの。

 実用実験ではユーザーのニーズに応えられるかを検証するとしている。また、実験期間内で、一部自動運転を導入したサービスなどを展開予定です。

ロボネコヤマト 使用車両イメージ

ロボネコヤマト 後部座席に荷物の保管ボックスを設置した専用車両を使用

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう