ニュース
» 2016年07月24日 13時25分 UPDATE

世界で誰にも解読されていない60次元の暗号問題の解読に成功! KDDI研究所と九州大学による研究成果

「世界で初めて」……カッコイイ〜!

[正しい倫理子,ねとらぼ]

 KDDI研究所と九州大学が、暗号解読コンテスト「TU Darmstadt Learning with Errors Challenge 」において、これまで世界で誰も解読に成功していなかった60次元のLearning with Errors (以下、LWE)問題を解読することに成功しました


世界初60次元のLWE問題解読成功 赤は解読済みの問題(すべてKDDI研究所、九州大学による解読)、緑は未解読の問題。灰色は作成中の問題

 LWE問題は、故意に誤差を生じさせた多元連立一次方程式を解く問題です。安全な暗号を実現させるためには、未知変数の個数を意味する「次元」を高め、あるいは誤差を大きくすることで、解読をより難しくさせる必要があるといいます。


世界初60次元のLWE問題解読成功 LWE問題の概要

世界初60次元のLWE問題解読成功 解読処理の概要

 60次元のLWE問題は、スーパーコンピュータを用いた総当たり方式の計算で解こうとすると1万年以上かかることになります。その暗号を、KDDI研究所と九州大学はなんと約16日間で解読に成功。この研究が個人情報のやりとりなどを守る次世代の暗号開発につながることが期待されています。

 また、2016年10月11日〜13日に秋田で行われる「コンピュータセキュリティシンポジウム2016」にて、今回の成果が報告される予定です。大事な情報を守る未来の技術に、思わず胸が高鳴りますね!


世界初60次元のLWE問題解読成功 コンピュータセキュリティシンポジウムの公式サイトより

正しい倫理子

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー