ニュース
» 2016年07月25日 19時03分 UPDATE

本日はかき氷記念日、一度は食べたい人気のかき氷

夏はやっぱりこれ!

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
暑い夏にはやっぱりかき氷

 7月も終わりに近づき、いよいよ本格的な夏の暑さを感じる時期になりました。暑くなればなるほど、食べたくなるものといえば「かき氷」ですよね。実は本日、7月25日は「かき氷記念日」だとご存じでしょうか?かつて、かき氷は「なつごおり」と呼ばれていたことから、725(なつご)の語呂合わせでこの日になったとか。また、1933年7月25日、山形市で当時の日本最高気温40.8度が記録されたことも由来しているといいます。

 そんな記念日にちなんで、ぜひ一度は食べてみたい人気のかき氷をご紹介します。

平安時代、かき氷は高級品だった?

 日本でのかき氷の歴史は古く、何と平安時代からあるといわれています。その証拠に清少納言の随筆『枕草子』にかき氷が登場しているのです。

 「……削り氷にあまずら入れて、あたらしきかなまりに入れたる」

 この一文にある「あまずら」はツタの樹液から作った甘味料、「かなまり」とはお椀のことです。当時は氷が貴重品だったため、このようなシンプルなかき氷でさえも食べられるのは貴族だけでした。

 平安時代から千年ほど経ってようやく庶民の手に氷が届くようになりました。1869年には、横浜の馬車道で日本初のかき氷店が誕生。このときのメニューといえば、「雪」(砂糖をかけたもの)、「みぞれ」(砂糖蜜をかけたもの)、「金時」(小豆あんをのせたもの)の3種類。現在の定番、いちごやメロンなどのシロップは戦後になってから登場したといわれています。

知る人ぞ知る、日本のご当地かき氷

 いちごやメロンなどの甘いシロップが定番となった現代のかき氷。ですが、日本全国にはご当地でしか食べられないユニークなかき氷がたくさんあるのです。そのいくつかを紹介します。

ぜんざい(沖縄県)

黒糖の甘さがおいしい沖縄の「ぜんざい」

 「ぜんざい」というと、温かいおしるこを想像する方もたくさんいるでしょう。何と沖縄でいう「ぜんざい」は冷たいかき氷のことだというから驚きです。黒糖で甘く煮込んだ金時豆や小豆を冷やして、かき氷にのせたものが沖縄の「ぜんざい」。黒糖の甘さが沖縄らしさを感じさせますね。

酢だまり氷(山形県)

 山形県の一部で戦前から食べられているという不思議な味のかき氷が「酢だまり氷」。「酢だまり」とは酢醤油のことで、いちごシロップの上からかけて食べるのが人気のよう。まだ、砂糖などが高価だった頃、ところてんに使う酢醤油をかけたのが始まりだといいます。甘いものが苦手な人はぜひチャレンジしてみてください。

いちごけずり(北海道)

 数々の人気スイーツを生み出している北海道ですが、やはりかき氷でも北海道発祥のものがありました。「いちごけずり」というもので、何といちごを直接凍らせて、それを削ってかき氷にしているのです。スイーツ王国・北海道ならではの、ぜいたくな発想ですね。

海外でも人気のかき氷

 かき氷が人気なのは日本だけではありません。やはり夏に厳しい暑さを迎える国ではかき氷が人気です。日本とは異なる海外のかき氷にはどんなものがあるのでしょうか?

雪花冰(台湾)

台湾定番のマンゴーかき氷も根強い人気

 雪花冰(シュエホワビン)とは雪のような氷という意味。氷そのものがふわふわとしたミルクかき氷になっていて、その上にシロップをかけていきます。他にもマンゴーたっぷりのかき氷など、台湾はかき氷のレパートリーがとても多い場所です。

ハロハロ(フィリピン)

 日本でも聞きなじみのある「ハロハロ」ですが、実はフィリピンのスイーツなのです。「ハロハロ」は「混ぜこぜ」という意味があり、果物やアイス、さらにはナタデココやタピオカなどたくさんのトッピングが魅力的。上に紫芋のアイスがのっているのもフィリピンのハロハロの特徴です。

 ──日本のかき氷から世界のかき氷まで、土地により食べ方もさまざま。ぜひ、この夏お気に入りのかき氷を探してみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー