ニュース
» 2016年07月27日 17時18分 UPDATE

「きぼう」とみずがめ座流星群を見よう

今夜7時45分頃から「きぼう」を見られるチャンスで、明日は「みずがめ座δ(デルタ)南流星群」が極大に。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp
28日、未明の星空のイメージ図

 夜空がにぎわいます。今夜7時45分頃から「きぼう」(国際宇宙ステーション(ISS))」を見られるチャンス! 明日(28日)は「みずがめ座δ(デルタ)南流星群」が極大になります。気になる各地の天気をまとめました。

まずは「きぼう」を見よう!

 国際宇宙ステーション(ISS)は、地上から約400km上空に建設された実験施設で、「きぼう」はその中の日本実験棟の名前です。大きさはサッカー場くらいで、太陽電池パドルが取り付けられているためとても明るく、条件が揃えば地上から肉眼で見ることができます。

 今日、27日は、日本の広い範囲で「きぼう」を見られるチャンスです(「きぼう」が見られると予想される経路は下の図を参照)。

 JAXA・宇宙航空研究開発機構によると、時刻は午後7時40頃から50分頃にかけてです。沖縄や近畿から東北の広い範囲で最大仰角(仰角とは、地平線からの角度)が30度以上になるため、比較的見やすくなります。見られる方角は、地域によって異なります。

  • 那覇 午後7時44分ごろ 東
  • 大阪 午後7時46分ごろ 南東
  • 東京 午後7時47分ごろ 南南東
  • 仙台 午後7時48分ごろ 南東

みずがめ座δ南流星群も見頃!

 夏休みに入って、最初に楽しめる天文イベントの一つが「みずがめ座δ南流星群」です。極大が予想されるのは、明日、28日です。

 流星の数はそれほど多くはありませんが、30日には「やぎ座α流星群」も極大となり、いくつかの流星群の流星が同時期に飛び、楽しめます。

 夏休み中ですし、晴れた日には、お子さんと夜空を眺めてみてはいかがでしょうか。

各地の気になる天気は?

 では、各地の今夜の天気はどうでしょうか。

 【北海道・東北】厚い雨雲に覆われるでしょう。星空を見るにはあいにくの天気です。

 【関東】今夜も雲が広がりやすいでしょう。

 【北陸・東海】雲は多めながらも晴れ間もありそうです。

 【近畿・中国・四国】晴れる所が多そうです。「きぼう」や「流れ星」を見るチャンス! ただ、一部でにわか雨もありそうですので、急な雨にご注意下さい。

 【九州】北部はすっきり晴れて、期待できそうです。南部は雲が多くなるでしょう。

 【沖縄】こちらも晴れる時間が多いでしょう。是非、夜空を眺めてみて下さい!

 ※今夜はあいにくの天気の所もありますが、流星群はしばらく見られるチャンスがあります。「きぼう」も29日など、再び広く見られる日があります。是非夜空を見上げてみて下さい。最新の星空指数は下記リンクから見られます。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー