ニュース
» 2016年07月27日 17時54分 UPDATE

シンラ・テクノロジー・ジャパンが倒産へ 会社名の由来はFF7の「神羅カンパニー」

2014年設立。

[ねとらぼ]

 スクウェア・エニックス・ホールディングスのグループ会社である「シンラ・テクノロジー・ジャパン」が、東京地裁から特別清算開始決定を受けたと東京商工リサーチが報じている。この会社名の由来は、1997年に発売されリメーク版の制作も決定しているゲーム「ファイナルファンタジー7」に登場する会社「神羅カンパニー」から。


神羅カンパニー

 「シンラ・テクノロジー・ジャパン」は2014年8月に設立、スクウェア・エニックスで社長を務めた和田洋一さんが初代代表で、資本金は5000万円。負債総額は2015年3月時点で4724万円だったという。

 クラウドベースのゲームを展開する予定だったが、第三者からの資金調達にめどが立たず事業の継続を断念。2016年1月6日には株主総会で解散が決議されていた。


神羅カンパニー

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー