ニュース
» 2016年07月29日 10時10分 UPDATE

豪タスマニア州、オスのオットセイが女子トイレでお昼寝 無事保護される

きっと疲れてたんだ……。

[ウグイラン,ねとらぼ]

 オーストラリア・タスマニア州で、墓地の公衆トイレでお昼寝をしていたオットセイが発見されました。オットセイは野生のオス。女性用トイレでのんびりお昼寝していたようです。


 保護を待つ間、オットセイの入った公衆トイレは一時閉鎖され、オットセイは引き続きトイレでお昼寝を続けました。どこか平和を感じさせる寝姿だったそうで、長旅の末に見つけた隠れ場所だったのかもしれません。


オットセイ つぶらな瞳のイケメンですが女子トイレに入ってました。

 保護されたオットセイは体重120キロほど。「サミー」と名付けられました。サミーはほんの数時間で海岸へ搬送され、無事に海へと帰っていきました。

オットセイ 恐らくさまざまな冒険を経て、ようやく海へ

 デボンポート市議会のFacebookでは、サミーが海に帰されるまでの一部始終がレポートされています。当初は「どうして女性用トイレに」「今日はエイプリルフールだっけ」と戸惑いのコメントが寄せられましたが、事態が進むにつれて多くの人がサミーを気づかい、彼の帰路を見守りました。

(画像はデボンポート市議会のFacebookより)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー