ニュース
» 2016年07月29日 18時00分 UPDATE

ツルツル頭継承システムじゃねぇからこれ! X-MEN最新作、ジェームズ・マカヴォイが真のプロフェッサーXになるべく剃髪

スキンヘッドでも超かっこいい。

[深戸進路,ねとらぼ]

 8月11日に公開が迫ったX-MENシリーズ最新作「X-MAN:アポカリプス」。本編の上映を前に「ジェームズがチャールズになる日」と題されたメイキング映像が公開され、過去作で若きプロフェッサーXを演じてきたジェームズ・マカヴォイが、真のチャールズとなるべくトレードマークの長髪を切り落とし、頭を剃り上げています。プロフェッサーXの道は険しい。


 プロフェッサーXといえば、ツルツルのスキンヘッドが代名詞のキャラクター。過去作ではパトリック・スチュワートが演じてきた役どころですが、シリーズ完結編の今作ではジェームズ・マカヴォイがその頭ごと役を引き継ぎます。

 撮影10日目に行われたというこの“儀式”。鏡の前に座ったジェームズは、監督のブライアン・シンガーとテレビ電話越しのスチュワートに見守られながら、自らバリカンで頭を剃り上げていきます。その様子にためらいはなく、「髪を落とすたびに力がみなぎってくる」とにっこり。

X-MAN:アポカリプス 「X-MAN:アポカリプス」ポスタービジュアル

 その後のインタビューでは、「プロフェッサーXの代名詞と言えるスキンヘッドがようやく手に入る」「正直言って楽しみだ」と意欲的の様子を見せていたジェームズ。剃髪が終わると、満足気な表情をのぞかせながら、より精強な雰囲気となった新たな姿を見せています。スチュワートも「19歳の私にそっくりだ」とジョークを飛ばすなど、終始和やかな空気が流れているようでした。

X-MAN:アポカリプス プロフェッサーX 8月11日に公開迫る

 「X-MAN:アポカリプス」は「ファースト・ジェネレーション」「フューチャー&パスト」と続くストーリーを締めくくる完結編。ミスティークなど若いミュータントたちが、マグニートーらを率いて復活した古代の神・アポカリプスと対峙する物語となっており、ジェームズ演じるプロフェッサーXも、能力を狙われアポカリプスにその身を捕らえられるなど重要な役どころになるようです。

(C) 2016 MARVEL (C) 2016 Twentieth Century Fox

関連キーワード

X-MEN | 20世紀フォックス | そっくり


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー