ニュース
» 2016年07月29日 15時46分 UPDATE

ゴジラの“中”は狂言師? 野村萬斎さん、モーションキャプチャーで映画「シン・ゴジラ」に出演していたことが判明

巨大怪獣×伝統芸能。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 本日29日に公開された映画「シン・ゴジラ」で、野村萬斎さんが「ゴジラ」のモーションキャプチャーのアクターを務めていたことが発表されました。まさか巨大怪獣の中の人が、狂言師だったとは……!


画像 こんな風に撮ってたのか(公式Twitterより)

 野村萬斎さんは3歳で初舞台を踏み、「芸術祭優秀賞受賞」「朝日舞台芸術賞」などを受賞している狂言師。「花の乱」「蒼天の夢」(NHK)などのTVドラマにも出演し、幅広く活動しています。

 「シン・ゴジラ」にはフルCGの「ゴジラ」が収録されていますが、その動きは同氏からモーションキャプチャーしたものを使用。撮影は特殊なスーツの上にしっぽと背びれ、お面を装着した不思議な格好で行われていたようです。

 怪獣と狂言というかなり変わった組み合わせですが、野村萬斎さんが所属する「万作の会」によれば、狂言師としての経験を生かした動作になっているとのこと。「シン・ゴジラ」を見るときは、「ゴジラ」の動きにも注目です!


画像 野村萬斎さん(公式Twitterより)

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー