ニュース
» 2016年07月29日 23時17分 UPDATE

KANA-BOONの古賀隼斗さんが「ダイブ」の危険性に言及 「アーティストが言ってくれるのはありがたい」という声も

危険な行為です。

[ねとらぼ]

 音楽のライブなどでみられる「ダイブ」についてKANA-BOONのギタリスト・古賀隼斗さんが、自身のTwitterでその危険性に言及。多くのロックフェスティバルが行われる時期でもあるため、ファンの間でさまざまな意見が交わされているようです。

 ライブ中に盛り上がる観客の上に飛び込む「ダイブ」は、けが人が出ることも多く危険性が高いため、アーティストやライブ会場によっては禁止される場合もある行為。古賀さんは「ダイブは多数のフェス側からの禁止行為とされている危険な行為」と指摘しています。

 このツイートに一部からは「有名な人が言う必要はない」という反論も。これに対し古賀さんは「不快な思いになられる方も多かったみたいで本当にすみません」と釈明し、「ダイブを否定しているわけではない」「昔からある文化の1つではある」と理解を示ししつつも「僕自身から見て、ダイブ自体は凄く危険な行為だと思っています」と説明しています。

 一部では批判もあったこの一連のツイートですが、「みんなが言えないことをアーティストが発信してくれるのは凄いありがたいし嬉しい」「ダイブ映像見てめっちゃ怖かったです」「KANA-BOONのライブは安全なんで安心です」など擁護する声が多く上がっているようです。




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「目黒寄生虫館」の取材をレポートする

東大ラノベ作家の悲劇――新小岩で笑っている自殺警備員をみたら、十五歳で立ちんぼをしていた首が“自主規制”な新宿の少女を思い出した:<後編>


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!