ニュース
» 2016年07月30日 11時12分 UPDATE

今夜 第39回 隅田川花火大会

夜空を彩る花火と東京スカイツリーとの共演も見どころの一つ。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

 梅雨明けした関東地方は夏も本番。東京では今夜 第39回 隅田川花火大会が開催される予定です。花火が打ち上げられる周辺の気になる天気をお伝え致します。

会場周辺の天気

 夏の夜の風物詩といえば各地で開催される花火大会。今日7月30日(土)は第39回 隅田川花火大会が開催さる予定です。打ち上げ場所は2ヵ所で、約2万発もの花火が打ち上げられます。夜空を彩る花火と東京スカイツリーとの共演も見どころの一つでしょう。

天気

 今日午前6時に撮影した会場周辺の画像をご覧いただくと、雲がほとんどなく、朝日が見えました。打ち上げられる19時頃から21時の時間帯の天気は、朝より多少雲が多くなりそうですが、おおむね晴れるでしょう。辺り一面雲に覆われてしまったり、雨が降りだすこともなさそうです。

気温

 花火打ち上げの時間帯の気温は26度前後の予想です。湿度が80%台と高く、蒸し暑くなりそうです。特に人が集まる所では肌にまとわりつくような暑さでしょう。風通しの良い服装とウチワ、汗拭きタオルを持ってお出かけ下さい。また、こまめな水分補給を心がけて熱中症対策を心がけましょう。※ビールは対策になりません

 一見、涼しそうに見える浴衣も意外と暑く感じられます。浴衣を着たままトイレに行くと着くずれの原因になるので、なるべく水分を控える方がいらっしゃるようですが、熱中症になるおそれがあります。十分にご注意下さい。また、お腹まわりを帯で締めつけているので、気分が悪くなりやすくなります。

 女性は浴衣を着ると、かなり限界まで我慢してしまう傾向にあるようなので、世の男性の方、花火デートは女性の体調に気を配りましょう!

画面をクリックすると最新のピンポイント天気予報が見られます

花火見物ポイント

 綺麗な花火鑑賞の気象条件は晴れて風が2メートルから3メートルのそよ風程度です。花火打ち上げ時間帯の風の強さは2メートルくらいと気象条件はバッチリでしょう。風向は東寄りです。図1のような東京スカイツリーとのコラボレーションを楽しむには打ち上げ会場の西側。花火だけを満喫されたい方は東側がよさそうですね。夏の夜の素敵な思い出づくりを楽しんでください。

関連リンク

Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー