ニュース
» 2016年08月01日 16時40分 UPDATE

「障害者=感動、勇気をくれる」はおかしい? NHKが「24時間テレビ」放送日に生放送で討論番組

「24時間テレビ」のフィナーレに合わせたとする予想も。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 障害のある人の出演、チャリティー活動などが定番になっている「24時間テレビ」(日本テレビ系列)。その放送日に、NHK Eテレで「障害者を描くのに感動は必須か?」「チャリティー以外の番組に障害者が出演する方法は?」などのテーマで討論する生放送が行われることが発表され、Twitter上で話題を集めています。



 「24時間テレビ39 愛は地球を救う」が放送されるのは8月27、28日。網膜剥離で視覚障害者になった中学校教師のドラマ「盲目のヨシノリ先生 〜光を失って心が見えた〜」の放送、スマートフォンを使ったチャリティー企画などが発表されています。

 一方、その裏番組では2012年に障害者のための情報バラエティー番組としてスタートした「バリバラ」が「検証!『障害者×感動』の方程式」というタイトルで生放送。「障害者=頑張る、感動、勇気をくれる」というイメージを疑問視し、その理由などを考える討論が行われる予定です。


画像 8月27、28日に放送される「24時間テレビ」

画像 「バリバラ」28日の放送内容

 放送は28日19時からで、Twitter上では「24時間テレビ」のフィナーレと同時間帯になるという予想が。「すごい問題提起」「障害者のひとりとして疑問に思っていた」と放送内容を評価する声が寄せられています。



マッハ・キショ松


関連キーワード

テレビ | 障がい者 | 24時間テレビ | 討論 | NHK


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー