ニュース
» 2016年08月02日 19時00分 UPDATE

ゴジラさん、緊急時の備えバッチリじゃないですか! 大阪府の避難訓練に「シン・ゴジラ」のタイアップポスター

巨大怪獣も懐中電灯、非常持出袋を準備。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 大阪府が制作した映画「シン・ゴジラ」のタイアップポスターが話題になっています。大規模な避難訓練を行う「大阪880万人訓練」の告知を目的としたもので、「ゴジラ」の両手には懐中電灯と非常持出袋が。巨大怪獣なのに、避難する気満々じゃないですか!


ゴジラ 「ゴジラ」さん、いざという時の備えがバッチリですね!

 「大阪880万人訓練」は市町村や学校、民間企業などを対象に2012年から毎年行われている大規模な避難訓練。巨大地震の発生を想定し、メールを使った訓練用の情報発信が行われます。

 例年、企業とのタイアップポスターを配布しており、今年は「シン・ゴジラ」を製作した東宝とのコラボも。同作のキャッチコピー「現実対虚構」をもじった「大阪対災害」と、「高めよう ゴジラと一緒に 防災意識」というフレーズを掲載しています。災害時の備えが大切なのは分かりますが、この「ゴジラ」はいったいどこに避難しようとしているんだ……。

 なお、2014年にもハリウッド版「GODZILLA」とタイアップしています。「世界が終わる、ゴジラが目覚める。」というキャッチフレーズをそのまま使用し、地震ではなく「ゴジラ」が街を破壊するデザイン。こちらの「ゴジラ」さんは避難する気がなさそう。


ゴジラ 2014年の「ゴジラ」さんは、超怖い

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう