ニュース
» 2016年08月03日 09時00分 UPDATE

「ソードアート・オンライン」がハリウッドで実写ドラマ化 担当編集者・三木一馬氏が明かす

8月3日中に正式なリリースが発信される予定。

[宮澤諒,ねとらぼ]

 「ソードアート・オンライン」の実写ドラマ化企画がハリウッドで進行していると、ストレートエッジ代表取締役社長で、同作の担当編集者である三木一馬さんがTwitterで発表しました。

「ソードアート・オンライン」が実写ドラマ化 SAOが実写ドラマ化(The Hollywood Reporterより)

 「SAO」シリーズは、川原礫さんの小説を原作とし、2012年に初のアニメ化。その後2013年に第1期の総集編とオリジナルエピソードを織り交ぜた「ソードアート・オンライン Extra Edition」が、2014年には2期となる「ソードアート・オンラインII」が放送されました。2017年には、劇場版「ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」の公開を控えています。


 三木さんがツイートしている「The Hollywood Reporter」の記事によると、製作会社は「ターミネーター:新起動/ジェニシス」「スター・トレック ビヨンド」などを手掛けた「Skydance Productions」、脚本は「アバター」「ホワイトハウス・ダウン」などのレータ・カログリディスが担当するとのこと。

 日本では、まだ正式な発表がされておらず、三木さんのツイートによると、8月3日中にKADOKAWAとアニプレックスから公式リリースが発信されるとのことです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう