ニュース
» 2016年08月04日 09時17分 UPDATE

東京五輪の追加種目5競技18種目が正式決定 「野球・ソフトボール」は3大会ぶりの復帰

「野球・ソフトボール」「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」が追加決定。

[ねとらぼ]

 2020年東京オリンピックの追加種目を決める国際オリンピック委員会(IOC)の総会がリオデジャネイロで開かれ、組織委員会が提案していた「野球・ソフトボール」「空手」「スケートボード」「スポーツクライミング」「サーフィン」の5競技18種目が正式に実施競技に決定した。

東京五輪東京五輪

 昨年9月に行われた東京2020種目追加検討会議で提案する追加種目を決めていた(関連記事)。2008年の北京大会を最後に正式種目から外されて野球・ソフトボールは3大会ぶりの復帰となる。なお、その他の4競技は初の採用となる。

東京五輪東京五輪東京五輪

 野球・ソフトボールは北京大会の8チームから6チームに参加チームを減らすことや既存施設で対応できることなどを提案。期間中はプロ野球の公式戦を中断する方針も打ち出されていた。また、日本発祥の武道として世界中に愛好者がいる空手も競技人口の多さと日本武道館を競技会場に利用できることなどをアピールしていた。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう