ニュース
» 2016年08月04日 20時29分 UPDATE

「アニメか?」余計な一言で大炎上していた日本文学振興会がサイトで釈明 「アニメは文学に勝るとも劣らない表現手段」

「文学がアニメよりも上位にあるような観点が不快」など批判が寄せられていました。

[ねとらぼ]

 日本文学振興会は8月4日、炎上していた「人生に、文学を。」プロジェクトの広告コピーについて、「浅慮を反省する次第です」とサイトで釈明しました



 問題となっていたのは、広告コピーに使われていた「文学を知らなければ、どうやって人生を想像するのだ(アニメか?)」という1文。これについて「アニメを侮辱している」「文学がアニメよりも上位にあるような観点が不快」などの批判が寄せられ、炎上状態となっていました(関連記事)。


人生に、文学を 問題視されていたキャッチコピー(プロジェクトページより

 サイトではこれらの指摘を受けて、「浅慮を反省する次第」「アニメは文学に勝るとも劣らない表現手段」と釈明。そのうえで、「文学には文学ならではの感興や味わいがあり、多くの方々にかけがえのない作品に出会っていただきたい」という願いが広告の意図であったと説明しました。

 今後については、今回指摘された点を踏まえ、細心の注意を払ってプロジェクトを遂行していくとのこと。


関連キーワード

文学 | アニメ | 人生 | 広告 | コピー | 炎上 | 批判


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう