ニュース
» 2016年08月05日 17時27分 UPDATE

新千歳空港で不法侵入事案 女性1人が金属探知機を通過せずクリーンエリアへ、国内線に大きな影響

12時13分ころに事案が発生し、15時10分に国内線の運航が再開しました。

[ねとらぼ]

 8月5日の12時13分ころ、北海道の新千歳空港に金属探知機を通過していない女性1人がクリーンエリア(保安検査後のエリア)に侵入しました。その後、同空港では安全確保のため国内線出発機の運航を停止し、クリーンエリア内にいた乗客に対し再検査を実施。この不法侵入事案によって国内線ダイヤに大きな影響を与えました。


新千歳空港

 国土交通省のリリースによると14時時点で運行を停止した便数は19便(JAL7便、ANA8便、ADO2便、SKY2便)。一時エリア外に出された乗客には14時30分に再検査が開始され、15時10分から国内線の運航再開となったそうです。

 現在、女性がどうやってクリーンエリアに侵入したのか等は発表されていません。夏休みシーズンの旅行客で賑わう新千歳空港、Twitterには足止めを余儀なくされた乗客のツイートも多数投稿されています。



関連キーワード

空港 | 国内線 | 内線 | 再開 | 北海道 | 国土交通省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう