ニュース
» 2016年08月10日 16時53分 UPDATE

GoogleがChromeにおけるFlashの排除を推進 12月にはHTML5での処理がデフォルトに

表示の高速化と、携帯端末への負担軽減が狙い。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleが現地時間8月9日、Webブラウザ「Chrome」におけるAdobe Flash Playerの利用を削減する方針と具体策を発表した。9月のアップデートでは一部のFlashをブロックし、12月にはデフォルトでHTML5での処理が最優先される。


公式 公式ブログでの発表

 9月に提供予定の「Chrome 53」では、主にWebページの分析などに用いられるFlashをブロック。この種のFlashは全体の90%以上を占めており、ページの読み込みを遅くする要因になっているという。これを排除し、軽量かつ高速なHTML5に切り替えることで、ページ表示の高速化と携帯端末のバッテリー節約に貢献するのが狙いだ。

 さらに12月提供の「Chrome 55」では、HTML5での処理を優先する機能がデフォルトに設定される。Flashが必要なサイトの場合は、初閲覧時にFlashの実行を許可するか否か選択できる仕様になるという。


現行 現行バージョンは、重要度の低いFlashを自動的に停止するよう設定されている

 GoogleはFlashについて、「Webに豊かさとダイナミックさをもたらした」としつつも、より高速でセキュアなHTML5を推奨。Flashからの移行を推進するために、アドビシステムズと密接に協力し続けると述べている。


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう