ニュース
» 2016年08月11日 21時00分 UPDATE

夏かぜの一種「ヘルパンギーナ」が全国で流行 厚労省がTwitterで注意喚起

ウイルス性ゆえ抗菌薬は効かず、ワクチンもないので、手洗い・うがいによる予防が重要。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 夏かぜの1つである病気「ヘルパンギーナ」が全国的に流行していると、厚生労働省が公式Twitterで注意喚起しています。

 発熱のほか、口腔粘膜に小さな水疱性の発疹をもたらす、急性のウイルス性咽頭炎。NIID(国立感染症研究所)によると、患者は5歳以下が全体の90%以上を占めるとのことですが、大人もかかります。子どもが感染した場合、ひきつけを起こして意識を失う「熱性けいれん」を伴うことも。口の痛みで飲食ができず、乳児が脱水症状を起こす例や、まれに髄膜炎を併発することもあります。


NIID NIIDによる解説

 感染経路は、主に感染者の鼻やのどからの分泌物などによる接触感染と飛沫感染。抗菌薬は効かずワクチンもないので、決め手となる治療法はなく、予防が重要となります。厚生労働省は、感染者との濃厚な接触を避け、手洗い・うがいを徹底するよう周知。あわせて、メールマガジン「感染症エクスプレス@厚労省」で情報を提供しています。


メルマガ 感染症に関する情報を定期的に伝える、無料のメールマガジン


(沓澤真二)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう