ニュース
» 2016年08月12日 12時13分 UPDATE

ペルセウス座流星群が極大 今夜の天気

きょう12日夜、三大流星群の1つである「ペルセウス座流星群」が極大に。月が沈む深夜から13日の未明が、観察に適。各地の天気をお伝えします。

[日本気象協会 tenki.jp(http://www.tenki.jp/)]
Tenki.jp

12日24時前後〜13日3時頃 全天を見渡そう

ペルセウス座流星群

 ペルセウス座流星群は、しぶんぎ座流星群やふたご座流星群とともに三大流星群として知られています。条件がそろえば、1時間に30〜40個くらいと、多くの流星が見られるといわれます。今年、活動がピークになるのは今日12日の夜10時頃。ただ、この時間は、月明かりが観測の妨げに。最も観測に適した時間は、「月が沈む24時前後から13日の未明」です。

 流星は、ペルセウス座のγ(ガンマ)星の近くにある放射点から360度全ての方角に流れていきます。ですので、ペルセウス座にこだわらず、あらゆる方向に流れ星を見ることができます。できるだけ、街灯などの明かりがなく、周囲に高い建物のない場所で、少なくとも15分から30分くらい、空を広く見渡すと良いでしょう。レジャーシートなどに寝転んでみると楽ですね。

ペルセウス座流星群

ほぼ確実に見られる地域は

 今夜晴れて、流れ星をほぼ確実に見られそうなのは「沖縄、九州北部、中国、四国、近畿、北陸、東北の日本海側」。12日深夜から13日未明にかけて、おおむね晴れるでしょう。その他の各地も、雲の間から見られる可能性はあります。

以下、各地の詳しい天気です。

【沖縄】広く晴れ。

【九州】晴れる所がほとんどですが、「熊本県、鹿児島県」では山沿いを中心に局地的に雨雲がわく見込み。

【中国、四国、近畿】おおむね晴れ。多少、雲のかかることはあっても、空一面を覆い尽くすことはなさそう。

【東海と関東甲信】12日夜は「岐阜県、静岡県、長野県」の山沿いでにわか雨。13日未明も、全般に雲が多めだが晴れ間も。

【北陸と東北】広く晴れ。東北の太平洋側では雲のかかる所も。

【北海道】雲が多めながら、オホーツク海側を中心に晴れ間もある見込み。

 なお、日中は全国的に厳しい暑さですが、深夜に長時間外で過ごす場合、半袖1枚ではちょっと涼しく感じられるかもしれません。軽く羽織れるものを用意しておくと安心です。

関連キーワード

天文 | 流星群 | 日本気象協会


Copyright (C) 2017 日本気象協会 All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう