ニュース
» 2016年08月12日 19時30分 UPDATE

重度アレルギーの娘に楽しい食事を お父さんの食パンアートがキリスト像に恐竜と秀逸

食べるのがもったいないレベル。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 アレルギーで食べられるものが少ない娘のために、お父さんが作っている食パンアートが海外で話題になっています。


画像 コルコバードのキリスト像


画像 恐竜

 海外メディア「ABC7 Eyewitness News」のインタビューによれば、Adam Perryさんの娘には重度のアレルギーがあり、朝食はいつもひまわり油を塗った白パン。単調なメニューとはいえ、食事を楽しんでほしいという気持ちから、建造物などをモチーフにした食パンアートを始めたんだそう。100日以上にわたって毎朝作っており、完成後はもちろん食べます。

 作品はInstagram上に公開しており、少しずつ上達していることが見て取れます。円、三角の食パンを組み合わせたLondon Eye(イギリスにある観覧車)のような簡単なものから、恐竜やコルコバードのキリスト像(ブラジル)、ろうそくを立てた誕生日ケーキなどかなり複雑なものまで作れるようになっています。味はいつも同じでも、新鮮な気持ちで食事できそうです。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう