ニュース
» 2016年08月13日 20時20分 UPDATE

関谷あさみキャラクターデザイン、ガールズ演劇「アリスインデッドリースクール」アニメ化

アイドル演劇のアニメ化、というかなりの異色作。

[たまごまご,ねとらぼ]

 アイドルによる演劇「ガールズ演劇」の「アリスインデッドリースクール」のアニメ化が発表されました。



画像 激しい百合のにおいがする(画像提供:ゲキドル公式

 キャラクターデザインは「千と万」などで知られるマンガ家・関谷あさみさん。ゾンビたちに囲まれ、学校の屋上に逃げてきた少女たちの群像劇です。ゾンビ、アイドル、学校の屋上……いけないこれはワクワクが止まらない。大好物な人多いでしょう? ぼくは大好物です。

 この作品かなりの変わり種で、原作は「演劇」、しかもアイドル集団による女の子だらけの舞台です。演劇は「となりの801ちゃん」で知られる小島アジコさんによってコミカライズもされており、マルチメディア展開が行われています。

 どういう経緯で演劇がアニメになったのか。早速、脚本の麻草郁さんと、アニメ版プロデューサーの畑澤和也さんにお話を伺いました。

 

―― 「アリスインデッドリースクール」ってどんな内容なんですか?

麻草郁:ゾンビ(劇中では動く死体=あいつら)が現れた世界で、学校の屋上に閉じ込められた少女たちが生き残るために葛藤する人間ドラマです。さまざまな過去を持つ少女たちと、将来の夢を持つ少女たちの出会いと別れが主軸となっています。さらにそこにSF的な要素も絡んできていて……実は「アリスインデッドリースクール」は、再演ごとにすこしずつ内容が違うんです。今回のアニメ化に際しては、登場人物を2013年に再演したときの「アリスインデッドリースクールオルタナティブ」から選抜して、さらにそこに一人、新キャラを加えてあります。関谷あさみさんのデザインされたキャラクターたちはとてもかわいらしく、新たな世界観が広がりますね。アニメならではの表現がとても楽しみな作品になっています。

畑澤和也:後日発表されるアニメ版の監督が、アリスインのいろんな作品を観ていただいたうえで、この作品に惚れ込んで「ぜひアニメ化したい!」と言って頂き、自ら絵コンテを切っていただいています。


画像 少女、ゾンビ、SF。魅力しかない(公式サイトより)

 「アリスインデッドリースクール」は何度も再演されており、8月11日から21日には池袋シアターKASSAIで「アリスインデッドリースクール パラドックス」を上演中。女の子たちもかわいいのですが、この不穏な空気、血のついた制服、「少女たちの出会いと別れ」、そして「笑わずに生きられると思う?」というキャッチ、たまらない……!



―― どのようにして「演劇がアニメ化」するに至ったのですか?

麻草:もともとは6年前に、アリスインプロジェクトというガールズ演劇を上演するためのカンパニーが、旗揚げ作品として、原作・脚本を書き下ろした「アリスインデッドリースクール」を上演してくれたんです。その初演を見てくれた漫画家の小島アジコ先生に気に入ってもらえて、2013年には電撃だいおうじでマンガ版を連載していただきました(電撃コミックスEX刊)。その後もアリスインプロジェクトでは、続けて何本も作品を作らせてもらえて、その流れで2011年に「時空警察ヴェッカー」シリーズの畑澤和也さんと「ヴェッカー」シリーズを舞台化することになったんですね。そこでぼくは共同脚本を担当させてもらって、2015年までに三作を上演、一作を再演しました。それでおつきあいがはじまって。で、その流れとは別に、畑澤さんが舞台を原作としたアニメの原作を探しているということで……

畑澤:『ガールズ演劇』で活躍しているアイドル=劇ドルを題材としたアニメを企画していて、そのうえで、まずはガールズ演劇の演目そのものをアニメ化するべきではないかと思いました。



 今までの「アリスインデッドリースクール」の公演では、セーラームーンミュージカルに参加していた小山百代さんや、アイドルグループ「ビターチョコレート」「NEO from アイドリング!!!」の橋本瑠果さん、SKE48の元メンバー山田恵里伽さんや若林倫香さん、女優・グラビアアイドルのさいとう雅子さんなど、多様なアイドルが参加しています。

 一方で「劇ドル」という「演劇で活躍するアイドル」のアニメ企画が持ち上がっていたため、先行して現実の「ガールズ演劇」のアニメ化が決まったという流れ。

 そもそもアイドルたちだけによる「ガールズ演劇」が主体の「アリスインプロジェクト」は、あまりない珍しいプロジェクト。そこにガールズ演劇を題材にしようとする珍しい方針の監督に出会うこと自体、相当レアなケースです。


画像 アイドルは歌って踊るだけじゃない。演劇をするアイドルをアニメ化しようという「ゲキドル」プロジェクト

―― アニメ化のきっかけについて教えて下さい。

畑澤:まず、キャラクター(登場人物)が面白い、物語としても楽しめる、何よりアニメとして残す意味がありそうな舞台作品を原作にしたい、という事で、数あるアリスインプロジェクトの演目の中から、旗揚げ作品である『アリスインデッドリースクール』を選ばせていただきました。この作品にはガールズ演劇のエッセンスの全てが凝縮されていると思います。それらをさらに凝縮したようなアニメ作品にしたいですね。これからも舞台原作のアニメを企画中です、ぜひご期待ください!



 「アリスインデッドリースクール」が描くのは、少女たち……とはいえ、かなり過激です。女の子たちだけが演じるからこその、独特の可憐さ、儚さが見もの。アニメになった時の化学反応が楽しみです。

 まだ詳細な発表はされていないので、続報に期待です。



たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう