ニュース
» 2016年08月15日 19時06分 UPDATE

鳥貴族、チューハイに焼酎ではなくアルコール製剤を誤って注入 謝罪

チューハイのサーバーに、接続する原液を間違ってしまったそう。

[ねとらぼ]

 居酒屋チェーン「鳥貴族」は8月15日、直営店の南柏店(千葉県柏市)でチューハイに焼酎ではなく食品添加物アルコールを入れ間違えて151杯提供していたことが分かったと発表しました。謝罪するとともに、人体への影響はなく、現時点で健康被害もあがっていないと報告しています。


 食品添加物アルコール製剤入りのチューハイを提供したのは7月19日から23日まで、対象商品はチューハイ(すだち、スイカ、白桃おろし、レモン、ゆずはちみつ、ピンクグレープフルーツ)。製剤はサトウキビから精製したエタノールを原料としており、鳥貴族では手指の消毒に使っていました。

 チューハイのドリンクサーバーに焼酎を接続するべきところを、19日に従業員が誤って食品添加物アルコール製剤を設置。この時点でチューハイの異変には気づいたものの、原因はサーバーの不具合にあるとしてそのまま商品を提供し続けました。23日にサーバーをメンテナンスしたところ原因は原液にあると疑い、最終的に食品添加物アルコール製剤をチューハイに入れていたことが分かりました。

 今回のミスは、焼酎と同製剤がいずれも透明の液体で、かつ包材の形状・サイズが似ていることなどから起こったと鳥貴族は判断。包材など一目で焼酎と区別できる食品添加物アルコール製剤を全店に配送し、一斉入替の手配を行いました。被害に遭った客に対しては問合せ窓口を設け、対象商品分の代金を返金するためレシートを用意の上連絡するよう呼びかけています。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう