ニュース
» 2016年08月17日 16時25分 UPDATE

夏季五輪の年しか目を覚まさないこち亀「日暮熟睡男」登場回10話が無料公開 モスクワからロンドンまで22年分

時事ネタが懐かしい。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 4年に1度、夏季オリンピックの開催年しか目を覚まさない「こち亀」のキャラクター「日暮熟睡男(ひぐらしねるお)」。その登場回が、集英社「少年ジャンプ+」で無料配信されています


画像

 公開されたのは、初登場した1980年(モスクワ五輪)から、2012年(ロンドン五輪)までのエピソード10話。夏季オリンピックとは無関係な1986年に描かれた「オリンピックにゃまだ早い」も掲載されています。

 めったに見られない「日暮熟睡男」の登場回をまとめ読みでき、パソコンブームや消費税導入などの時事ネタで、各オリンピックが開催されていた当時の雰囲気を感じることもできそうです。


画像 初登場回。今とは違う絵柄です

画像 4年に1度しか起きない設定をいかした消費税ネタ

画像 1980年から2012年まで4年に1回のペースで登場

マッハ・キショ松


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう