ニュース
» 2016年08月18日 15時08分 UPDATE

NEC、漆器の美しさを再現したバイオプラスチックを開発 装飾性と環境へのやさしさを両立

金型で成形でき、多様な製品の量産も可能。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 NECが、京都工芸繊維大学、漆芸家の下出祐太郎さんと共同で、漆器のような美しさを持つバイオプラスチックを開発したことを発表しました。


バイオプラスチック


バイオプラスチック 漆器のようなつやのある色味

 高い環境調和性、装飾性を両立しているのが特徴。色、光の反射を調整する添加成分の配合技術を開発し、バイオプラスチックで高級な漆器特有のつやのある色味を再現しています。草やわら、木材など食用とされない植物を原料としたセルロース樹脂を使用しており、石油資源枯渇、食糧不足問題などへの対策になるとしています。

 通常の漆器は木製製品に手作業で繰り返し漆を塗り、研磨して制作しますが、今回開発されたバイオプラスチックは金型で成形できます。さまざまな形状の製品を量産することが可能です。

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう