ニュース
» 2016年08月19日 11時24分 UPDATE

Twitterで「さっきから通知やばい」を回避 通知をフォローしている人のみにできる新機能登場

表示するツイートの質を調整できる「クオリティフィルター」も順次搭載。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

 Twitter社は8月18日、会話したい相手やタイムラインに表示するツイートが調整しやすくなる、2つの新機能を順次搭載すると発表しました。

 1つ目は、通知を受け取る相手を自分がフォローしているアカウントのみに設定できる機能。Twitterでは自分のツイートが大きく拡散された場合、知らない人からの「リツイートしました」「いいねしました」という情報も通知されるため、会話したい相手からの通知が埋もれたり着信が絶え間なく続いてわずらわしかったり不便な点がありました。この機能をオンにすると、知らない人からの通知は来なくなります。

Twitter新機能 通知欄の「設定」ボタンを押して

Twitter新機能 「フォローしている人のみ」をオンにすると適用される

 2つ目は、通知欄に表示するツイートの質が調整できるという「クオリティフィルター」機能。オンにすると、アカウントの言動や行動などさまざまな要因を利用したフィルターがかかり、同じアカウントが同じ内容を書き込んでいるツイートや、自動生成されたツイートの通知が来なくなります。ただし自分がフォローしているアカウント、自分がリプライを送っているアカウントからのコンテンツにはフィルターはかかりません。

Twitter新機能 先ほどの「設定」で「クオリティフィルター」をオンにすればOK

 どちらの機能も通知欄の「設定」においてオン/オフを自分で切り替えられます。「それぞれの方によって使い方もニーズも異なる中、できるだけご自分に合う使い方ができる設定ができるようにしたい」とTwitter社。これら新機能も引き続き改善を続けていくそうです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう